FC2ブログ

    記事一覧

    7/3(火) Brave Stone Forest(武藤祐生、石村順、森信行)

    西荻のw.jaz(ダブジャズ)にて「即興残響宇宙楽団〜Brave Stone Forest」のライブ見に。
    武藤祐生e-vln、 石村順ba、森信行dsの皆さんで、バンド名はそれぞれの名前の頭文字をとって。武藤の武をBraveにしてるのがひと工夫?^ ^

    見るのは1年以上ぶり、3回目くらいかな。

    ほぼ全曲、武藤さんが最初に弾き始めて、それにリズム隊二人が乗っかり展開していく即興。

    バイオリンって、やはりとってもメロディアス。軽やかにスイスイお先にーっと、駆け抜けるように自分の世界を広げていく。

    そこにどう入っていくかってのが気になり、最初の方は楽器やる人(ドラマー)の立場で意識して聴いてしまったのだけど、さすが森くん、おお、そう入るのも面白いな!って、ベタでないアプローチ。とても勉強になりました。


    三曲めの宇宙的な、おおらかな曲あたりでだんだん気持ちよくなってきて、こういう即興はあまり考えて聴いてても楽しめないかもなーと思い直し、先の展開を予測したりしないよう「景色を眺めるように」聴いたら、一層楽しめました。目の前に起こっている音をそのまま受け止めるような感じ。

    風景見るときって、そうだもんね。この後に鳥が飛ぶかなー、風が吹くかなー、とか考えて眺めないもんね。

    とはいえ、風が吹いたらこっちへなびく、とか重力とかの自然界のルールはある訳で、それがリズムやらコードになるのかもな、とか、結局聴きながら色々考えちゃいましたけども。


    軽快なファンクも楽しかったけど、浮遊感のあるアンビエントなのや、プログレな感じの即興が特に好みでした。武藤さんもエフェクターかなり色々仕込んでこられたな!って感じで、サウンドも楽しめました。

    終盤はw.jazのマスター、ちみちお氏もギターで加わり、よりエッジの効いた感じの曲展開になり、これも楽しめた。
    マスター、ジェフベックみたいでしたよーって。^ ^


    全部で10曲ほど即興の後、最後は武藤さんがレッドツェッペリンのカバーやって終わります、と言ったので、おお何だろう!とトキめいたら、なんとKashmirでした。うん、合うー。リフだけでもこの存在感!

    途中、ボーカルパートをバイオリンで入らないかな〜?と期待してましたが、、それはなかった。
    即興を聴きに行って、まさか好きなカシミールも聴けるとはー、と満足して帰路。

    〜〜〜

    武藤さんはバスケットボールのコーチもやってるそうで、MCで前夜のワールドカップの日本代表の試合に触れ。

    「格上をリードした時に勝ち切る」って、やはり凄く難しいんだなーと思ったと。関学アメフトの名監督、鳥内氏が2012年?のライスボウルの惜敗の時に語ったエピソードを紹介しつつ話された内容がとても興味深かった。


    リードした後(特に格上を)、そこで勝ち切る準備ができているか。技術的にも、精神的にも。。いつものプレイ、いつものままの自分でいたら、格上相手ではあっという間に逆転される。

    強いチームは、そこでガラリと勝ち抜く為のプレイに変えてくる。つまり、その準備ができているってこと。

    それって、色んな事に言えるな〜と。
    思いがけない僥倖を手にした時、それを一過性のものにしない戦略と心構え、そこで変われる自分であるか。。


    と、音楽の話を越えて思索が深まりつつ、自分的にも即興の楽しみ方がまた少し広がったところですし、お三方の実験音楽、またチェックして見に行きたいなと思いました。
    20180704193339618.jpeg

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    mimihen

    Author:mimihen
    みみへん。大阪生まれ、東京在住の会社員。
    ドラム叩きます。
    ロック、ジャズ中心に日々色んなジャンルのライブ見に行ってます。自分のライブは月に一回くらい。

    画像はFujiyoshi Brothers

    最新コメント